弁護士法人ニライ総合法律事務所 沖縄県那覇市西1-2-18 西レジデンス2-B

残業代の計算方法

 

残業代の計算方法

(1) 計算式

残業代の計算は、「通常の労働時間又は労働日の賃金」に労働時間と割増率をかけて算出する(労基法37条1項)と規定されています。

労働基準法37条1項

使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

 ここで、「通常の労働時間又は労働日の賃金」とは、労働契約に基づく1時間当たりの単価(時間単価)に、割増賃金の支払対照となる労働時間数を乗じた金額とすると規定されています。

労働金法施行規則19条1項

法第37条第1項 の規定による通常の労働時間又は通常の労働日の賃金の計算額は、次の各号の金額に法第33条 若しくは法第36条第1項 の規定によつて延長した労働時間数若しくは休日の労働時間数又は午後十時から午前五時(厚生労働大臣が必要であると認める場合には、その定める地域又は期間については午後十一時から午前六時)までの労働時間数を乗じた金額とする。

そこで、割増賃金(残業代)の計算は下記のようになります。

「残業代=時間単価×残業時間数×割増率」

(ア)月給制の場合

①月給制の場合の「時間単価」は、1カ月の所定賃金を「1カ月の総労働時間」で割った金額になります。

②月給制の「1か月の総労働時間」は、就業規則や労働契約に定めがある場合は、その時間になります。かかる定めがない場合は、「1年間における1カ月の平均所定労働時間」(=1日の所定労働時間数×1年の所定労働日数÷12月)で計算します。

月給÷(1日の所定労働時間数×(365日又は366日-1年の所定休日日数)÷12月)×(1÷割増率0.25または休日0.35・深夜0.5)×時間外(休日)(深夜)×時間外労働時間

(イ)日給制の場合

時間単価を日給÷1日の所定労働時間で割った金額で計算します。

(ウ)出来高制の場合

時間単価は、賃金算定期間(賃金締切日がある場合には、賃金締切期間)において出来高払制その他の請負制によって計算された賃金の総額を当該賃金算定期間(又は賃金締め切り期間)における総労働時間数で計算する。

(2) 労働時間(月全体の日数-会社が定めている休日)×1日の労働時間

ただし、会社が、就業規則などで、法定労働時間(8時間)に満たない時間を設定している(7時間など)場合には、その所定労働時間を超えても、法定労働時間を超えるまでは割増賃金を支払う義務は発生しません。

残業代の割増率

時間外労働
(法定労働時間を超えて労働した場合)
25%
深夜労働
(22時~翌5時までの労働の場合)
25%
休日労働
(法定休日に労働した場合)
35%
時間外労働+深夜労働
(時間外労働に加えて深夜労働した場合)
50%
休日労働+深夜労働
(休日労働に加えて深夜労働した場合)
60%

 

残業代の計算例

nirai_zangyou

ニライ総合法律事務所
面談ご予約・お問い合わせ
TEL 098-988-0500 平日 9:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
280jikoask

お客様の声・事例紹介

スマートフォンサイトQRコード

スマートフォンサイトQRコード

弁護士法人ニライ総合法律事務所 Info

TEL : 098-988-0500
平日 9:00~18:00
PAGETOP
Copyright © 弁護士法人ニライ総合法律事務所 All Rights Reserved.